なぜ同じ食事をして食中毒になる人とならない人がいるのか?



iryou...23




会社の昼休みに同僚と食事をとり、
会社に帰って昼からの仕事に備えていると、
自分は何ともないけど、同僚は体調不良で下痢などを起こした、
といったような経験は長い人生の中、
一度ぐらいは経験があるのではないだろうか。


食中毒になるには、菌の側と人間の側という2つの側面がある。


食中毒を起こすには一定数以上の菌量が必要となる。


これが同じ食事をしたとしても、
自分と同僚の食事は当然異なるものだから、
調理する際に違う人が作っていたり、
手やまな板といったところに触れる回数も異なる。


その結果、


自分は発症するだけの菌の量を持つ食事ではなかったが、
同僚は発症するだけの菌量を持った食事となったのだ。


これは弁当の場合でも当てはまる。


同じ弁当を入手しても、
食べる時間が同時とは限らないし、保管状況でも変わってくる。


入っているものを全部食べる人もいれば、残す人もいる。


同じ食事をして、食中毒になる人とならない人がいるのは、
そういうちょっとした違いなのである。


また、食事をする側の人間の体質の問題もある。


前日夜に飲みすぎたかどうかとか、
睡眠をきちんととれたかなど、
それだけで胃液の状態に微妙な変化があり、
食中毒感染の分岐点となる可能性がある。


こうしてみると、
1つの病気になるのは偶然だと思いがちだが、
実は必然な部分も、多くあるのだ。


適度にストレス解消をし、睡眠をしっかり取り、
バランス良く栄養のあるものを食べる――。


そうした日常生活の意識が、食中毒予防に、
一番なるということをよく覚えておこう。





Leave a Reply

個人の予防策として、また、飲食に携わる人として、食中毒に関する知識を知っておこう!